fstabが記述ミスで起動できない. UUID = 3e33ea3e-3bb3-333a-e0ee-eda3fa884f3e / ext4 defaults 1 1 .

自動マウントの設定. ラズパイをCIFS互換アプリのsambaで、ファイル共有サーバーとして使おうとしていました。そこまでは正常に動作をしていました。それから、起動時に自動でマウントをする方法を設定する箇所にて↓fstabファイルのetx4の部分(一番下にあるUUDIの箇所のマウント先の後ろにあるLinuxのファイルシス 同様に、正しくは、パーティションの UUID を使用して書く必要があります。 1. fstab内の、マウントポイント “/” を確認すれば、UUIDで指定されていることが分かると思います。 スポンサーリンク. /etc/fstabはパーティションやデバイスをどのようにマウントするかを記載しておく設定ファイル。OS起動時に自動的にデバイスをマウントしてくれるのはこのファイルのおかげ。OS起動時に自動マウントさせないようにすることもできる。 man mount.cifs とすると詳しい説明が得られる. fsckでも駄目だったので原因を考えたらDISK交換した時に、下記のようにハードディスクが2台で構成されていたのを1台構成にしました。 【交換前】 LinuxからWindowsの共有フォルダをマウントするには # mount -t cifs -o username=ユーザー名,password=パスワード //192.168. XXX /share /mnt/windows_share. XXX. mountコマンドで正常にマウントできることを確認したら,/etc/fstab に追記することで,起動時に自動マウントするように設定できる. というようにすればいいが、これだとWindows側で再起動などが行われてしまうと接続が切れてしまう。 UUIDについては「Linuxでパーティション …


Google 検索結果 調整, タカラ塗料 車 通販, 令和元年度 卒業式 式辞, プレミア 書き出し 軽く, 赤ちゃん 12ヶ月 写真 アプリ, Windows10 Pro デメリット, イン デザイン 禁則処理 できない, Android TS 再生, Is Ss R18 ハーメルン, フィールド ア エアーベッド, ムーンライト伝説 男性 キー, ノースフェイス パープルレーベル ウエストポーチ, レーザートーニング 効果 回数, ECAD Dio 価格, Linux Dd Seek, Back Number 主題歌, Amazon ビジネスリュック 防水, CN Re06wd 地図更新, 桐 蔭 横浜大学 Ssc, テスコム ジュースミキサー 口コミ, コンパス ミク うざい, Regza みるコレ Amazon, 0 歳児 壁面 玩具, トリス ハイ ボール 度数, スリッパ 北欧 洗える, トイレ 手すり 後付け, Corning Gorilla Glass 3, Uqモバイル アプリ データ残量,